PR

AI活用も視野に

 病理と放射線科の両部門ともにAI活用の研究が急速に進展していることも無視できない動きだ。そのため、「ビッグデータ解析のためのインフォマティクスなどを融合させて、次世代型の診断センターを構築していけたらと考えている」(福岡氏)と語る。

放射線科部長・画像診断センター長の町田氏
放射線科部長・画像診断センター長の町田氏
[画像のクリックで拡大表示]

 亀田総合病院診療部放射線科部長・画像診断センター長、亀田京橋クリニック診療部部長の町田洋一氏は、「われわれ放射線科医は、従来の放射線科のままでいられない」とし、変革が問われていることを指摘する。「われわれ自身も病理学的知見を吸収し、高めていくことが必要。加えてAIを活用することで、総合的に診断する道を開いていきたい」(町田氏)と抱負を語った。