恵寿総合病院、患者がスマホでカルテ情報を閲覧

 病院内に設置したCADA-BOXステーションでは、患者のIDカード(CADAカード)で自分の診療情報をプリントアウトして持ち帰ることが可能。恵寿総合病院の神野氏(右)とメディカル・データ・ビジョンの岩崎氏(左)
病院内に設置したCADA-BOXステーションでは、患者のIDカード(CADAカード)で自分の診療情報をプリントアウトして持ち帰ることが可能。恵寿総合病院の神野氏(右)とメディカル・データ・ビジョンの岩崎氏(左)

カーソルキー(←/→)でも操作できます