PR

多職種連携情報をクラウドサービスで提供

 まごころネットは、医療クラウド上に開発したシステムに在宅患者の基本情報、医療情報、経過記録情報などを登録・蓄積。各患者にひも付いた、かかりつけ医、訪問看護師、薬剤師、歯科医師、ケアマネジャーなどの多職種間で情報共有やコミュニケーションができる。

まごころネットの全体イメージ
まごころネットの全体イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 患者基本情報には、氏名や住所、病歴やアレルギー情報、日常生活自立度や認知度、要介護度などの患者環境、関係するスタッフの所属・氏名、連絡先などが登録される。特徴的なのは、終末期の意向として、自宅で看取る(自然経過)、自宅で看取る(加療する)、入院して加療する、などの項目が明記されていること。「高齢者の救急搬搬送困難事例で問題になるケースが多発したため、市の高齢者救急搬送協議会で患者が自分の医療情報を書くシートに終末期の意向を明記するようにしていた。その情報をシステムにも反映した」(数井氏)。

 医師による基本情報や医療情報の登録は、電子カルテなどの院内システムを運用する施設では、まごころネットとの二重入力が必要になり、医師の負担が増す。そのため、まごころネットへの入力を代行する体制を医師会事務局で用意し、負担を軽減している。

画面の例
画面の例
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、経過記録ではフリーテキストによる入力の他、患者宅で撮影した褥瘡などの写真、訪問記録ファイルなども登録することができる。例えば、自施設の看護記録システムに入力した情報をExcel、Word、PDF、画像ファイルなどにして登録するなど、訪問看護師も入力負担を軽減することが可能だ。

画面の見やすさ、シンプルな操作を重視した
画面の見やすさ、シンプルな操作を重視した
[画像のクリックで拡大表示]