PR

指で耳を抑えれば電話が聞こえる

 軟骨伝導は、補聴器だけでなくさまざまな応用ができる可能性があるという。例えば、オーディオ機器としても活用できる。音響軟骨伝導用の振動子は、耳の穴をふさぐのではなく、軟骨部に装着すれば良い。そこで、「耳の穴から外の音を聞きながら軟骨伝導で音楽を聴くことも考えられる」と清水氏は話す。周囲に注意を払いながら音楽を聴けるため、歩行時や自転車乗車時の事故防止にもつながりそうだ。

 さらに、「軟骨伝導は通信機器に適している」と細井氏は見る。周囲に音が漏れずに使えるためである。例えば、スマートウォッチなどのウエアラブルデバイスで電話をする場合でも、手を介して軟骨部に振動を伝えればスマートウォッチ自体を耳に当てなくても音を聞くことができる。

細井氏が考える「ペン型電話」
細井氏が考える「ペン型電話」
[画像のクリックで拡大表示]

» 本記事の英訳はこちら