PR

不整脈専門医の不足解消へ

 今回着目した心房細胞とは、心房が小刻みに震えて心室が不規則に拍動し、全身にきちんと血液が行き届かない状態のことである。これによって、胸の痛みや動悸が生じる。血栓ができて脳梗塞を発症する恐れもあることから、早期の治療が必要となる。

心房細動の概要
心房細動の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 代表的な治療法の一つが、患者への負担が少ないカテーテルアブレーションだ。足の付け根から心臓に向かってカテーテルを挿入し、電気を流すことで不整脈の原因となる心筋を焼灼する治療法で、根本治療が期待できる。

ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニーの岩井智光氏
ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニーの岩井智光氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニーは、この治療を支援する医療機器を手掛けているが、「手技に精通した医師が不足している」と同社 バイオセンス ウェブスター事業部 バイスプレジデント 事業部長の岩井智光氏は指摘する。心房細動と診断された患者は80万人以上いると推定される中、不整脈専門医は950人余りしかいないという。