PR

治療継続や医療費削減につなげる

 養父市には現在、約1850人の高血圧患者がおり、このうち治療(診療)中断者は16%の約300人。うち130人程度は、遠隔診療が充実していないために治療中断に追い込まれたと推定されるという。

 糖尿病患者数は約550人で、このうち治療(診療)中断者は10%の55人。うち17人程度は、通院が困難なために治療を中断したと推定される。

 こうした治療中断を防ぐことで、年間1.3億円の医療費削減につながる。同市はこう算定している。