PR

ドローンの“飛行訓練場”も

 市役所前の河川敷で実施したドローン飛行実験には、市内自治体の担当者や一般市民も集めた。いざ市内でドローンを飛ばそうと思えば、行政担当者や地域住民の理解が欠かせないからだ。実験を見た感想を問うアンケートでは「安全性がきちんと確保されるのであれば活用は好ましいという、好意的な意見が多かった」(岡本氏)という。

 飛行実験は市内のスキー場でも実施。今後、こうした場所にドローンの“飛行訓練場”を設け、ドローン活用を検討するさまざまなプレーヤーが飛行実験を行えるようにする構想も持ち上がっている。

 ただし、養父市と三井物産が計画中の実証実験は、すぐに実行に移せる状況にはない。実施に当たっては、さまざまな規制緩和が必要だからだ。