PR

「患者の体の中に全ての情報がある」

 次に国立成育医療研究センター 臨床研究開発センター データ科学室 室長代理の矢作尚久氏が講演した。矢作氏は成育医療研究センターでビッグデータ分析などに当たる傍ら、国が推進する「次世代医療ICT基盤協議会」の構成員も務める。今回の講演では、研究テーマの1つである次世代診療支援システムの概論を紹介した。

国立成育医療研究センターの矢作尚久氏
国立成育医療研究センターの矢作尚久氏
[画像のクリックで拡大表示]

 掲げる目標は、医師の診療に関する集合知をデータベース化し、診療時の診断プロセスを技術化するというものだ。そのための布石とし、「患者の体の中に全ての情報がある。その情報抽出を医師が頭の中でどのように行っているのか。そこから情報を抽出していく」(矢作氏)としたビジョンのもと、ナレッジベースの構築を図っている。

 ナレッジベースが完成すれば、高度な情報抽出アルゴリズム、鑑別診断(複数の病気を比較しながら合理的に病気を特定する診断)アルゴリズム、病態変化予測モデルなどが確立され「技術的に意思決定プログラムが完成するのではないか」(矢作氏)とする。

 ビッグデータの面から行くと、電子カルテのデータは「ほとんどがジャンクデータであり、使いものにならない」(矢作氏)という。これに対し、上記のデータベースはあらゆる状態を定義化するものであり、ゆくゆくは電子カルテのデータも有益な質の高いものとして統合していきたいと語った。

 自身が関わる次世代医療IT基盤に関しては、「いつ、誰が、どこで、どのような状態なのかを正確に把握して、健康医療サービスとの自動マッチングを図る」といった将来像を描く。いずれにせよ、こうした高度な情報基盤にはしっかりとしたデータ構造が求められるため、「漠然とICTに取り組んでいるだけではダメ。データベースに活用できるデザインを考えることも必要だ」(矢作氏)と話した。