PR

「減塩コーチングサービス」 エスケア 根本雅祥氏

 トップバッターは、生活習慣病にも大きく関わる減塩習慣を身につけるサービス。「4週間で達成する、1日塩分6グラム生活」を標榜し、減塩に特化したユーザー支援を実施する。

エスケアの根本雅祥氏
エスケアの根本雅祥氏
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンを活用し、塩分管理を行なう保健師などとともに個人に最適化された減塩方法を4週間(28日間)のサイクルで習得していく。特長として、汎用の減塩モニタを用いて毎朝摂取した塩分濃度を採取。これは尿に15秒つけるだけで摂取した塩分量の実測値が分かるデバイスで、「我々がデータを解析し、コーチから減塩プログラムと減塩目標値を提案する。実測値に基づいて確実にやるのが我々のアプローチ」(根本氏)と述べた。

実測値がわかる減塩モニタ
実測値がわかる減塩モニタ
[画像のクリックで拡大表示]

 さらなる強みとして示したのが、4週間のプログラムを終えた後の継続的なフォローだ。減塩にまつわる情報共有を通じて、健康増進、疾病予防のために一生涯寄り添えるコーチングを心がける。実はこのサービス自体、根本氏が父親の腎臓病で苦しんだ際、医師から適切なアドバイスを受けられなかったことに端を発しているという。根本氏は「今こそ民間企業が医療をリードする時代。食事療法のサポートに全力を投じる」と力強く結んだ。