PR

無線センサーネットワーク端末をメンテナンスフリーにするためには、交換が不要な電源が欠かせない。このための電源を東京工業大学、日清紡ホールディングス、住江織物、信州大学が開発した。NMEMS技術研究機構、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による共同研究事業「グリーンセンサ・ネットワークシステム技術開発プロジェクト」(2011年度~2014年度)の最終成果報告会(2月26日開催)における「ナノファイバーを用いた軽量、フレキシブルな高効率自立電源とスマート植物工場」と題する東京工業大学 松本英俊氏の講演から構成した。

講演中の様子 (撮影:著者)
講演中の様子 (撮影:著者)
[画像のクリックで拡大表示]

 センサー端末向けの自立電源は、設置される環境からエネルギー源を得る素子、すなわち環境を利用する発電素子が求められる。

 環境を利用する発電素子は、光や熱、振動などをエネルギー源とする。こうした不安定なエネルギー源を利用して発電し、センサー端末に電力を安定供給するには、蓄電機能も必要になる。そこで、小型で高効率な発電素子と、蓄電機能を併せ持つ電源を開発した。