PR

分散型PCSは監視・制御システムで確認

 この発電所では、一般的な集中型PCSではなく、分散型のPCSを採用している。中国・ファーウェイ(華為技術:Huawei)製の出力27.5kW機を41台設置している(図8)。

図8●分散型のPCSを採用
図8●分散型のPCSを採用
接続箱の代わりに配置するような構成となる(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 接続箱の変わりに、分散型PCSを設置するような構成となっている。太陽光パネルを直列で接続したストリング6本を、1台の分散型PCSに入力する。交流で出力した電力は、PCS5台ごとに1台の集電箱に入力し、昇圧変圧器に送る。

 41台の分散型PCSは、三つのグループに分けて、それぞれ13台、13台、15台ごとに一括制御されている(図9)。

[画像のクリックで拡大表示]
図9●グループごとに分散型PCSを一括制御
[画像のクリックで拡大表示]
図9●グループごとに分散型PCSを一括制御
上は分散型PCSの一括制御装置、下はこの制御装置の隣に設置したmeteo control社製の遠隔監視システム(出所:日経BP)