韓国企業が主導し中国企業が台風の目に

 いち早く大胆な生産工場を立ち上げたのが、米Teslaとパナソニックであり、米ネバダ州の「Gigafactory」で円筒型蓄電池セルの一貫生産ラインを立ち上げた。

 LG ChemとSamsung SDIの韓国2社もTesla/パナソニックに対抗して強気の増産に乗り出している。特に韓国2社は、欧米の自動車メーカーのEVやPHEVなどの電動車両向けに広く採用されており、電動車両向けとの相乗効果が高い。

 Tesla/パナソニック、韓国勢に続いて、台風の目になりそうなのが、中国勢である。中国政府は、EVなどの新エネルギー車を2020年までに500万台普及させる国家戦略を掲げ、そこに搭載するリチウムイオン蓄電池についても国産メーカーを育成する方針を掲げ、さまざまな補助を行っていると見られている。

 実際、中国政府はLG ChemとSamsung SDIが中国に新設した工場を補助対象から外し、中国メーカー優遇の姿勢を鮮明にしている。

 EVの世界販売台数における中国市場のシェアは乗用車で半数を超えていると見られ、今後さらにEV市場が拡大するに伴い、蓄電池についても中国メーカーの優位性は増していくと見られる。

 リチウムイオン蓄電池の市場が拡大するにつれ、多くの企業が世界から参入してバリューチェーンのレイヤーごとに分業する産業構造が形成されつつある(図3)。レイヤーごとにビジネスモデルを模索する動きが加速しており、市場拡大を後押ししている。

図3●リチウムイオン蓄電池システムを中心としたバリューチェーンの概要と各レイヤーの主要参入企業(注:企業によって複数のレイヤーにまたがるが、主要と思われる所に配置)
図3●リチウムイオン蓄電池システムを中心としたバリューチェーンの概要と各レイヤーの主要参入企業(注:企業によって複数のレイヤーにまたがるが、主要と思われる所に配置)
(出所:「世界再エネ・ストレージビジネス総覧」)
[画像のクリックで拡大表示]