PR

――AIには医療をどのように変えていくポテンシャルがあると見ていますか。

 これまでの医療や医学研究には“木を見て森を見ず”というところがありました。診療科ごとにデータが縦割りで分断されていたりするため、それらを統合して解析することが難しかった。部分的で一元的な解析にとどまりがちでした。

 これに対し、今後はマルチオミックスデータベース、つまりさまざまな生体情報を集めた統合データベースを構築し、それをAIで解析していきます。次世代分子生物学と情報技術の融合、あるいは医学研究とAIの融合とも言えます。

[画像のクリックで拡大表示]

 こうした方法であれば、例えばがんとはどのような疾患なのか、その本質を解明するようなことができるのではないかと考えています。疾患の定義や病名付けなども人間の主観を介さないシステマチックなものにできるでしょうし、疾患の新たな分類も生まれてくるでしょう。人間がAIに教えられることが、どんどん増えてくると思います。

 こうした新たな知見を示してくれることに加えて、診断や治療効果予測などの精度をAIによって大幅に高められる可能性があります。画像診断や病理診断、内視鏡診断などさまざまな場面で、医師の判断を支援してくれる存在になるでしょう。

 医師とAIは今後、どのような関係を築いていけるでしょうか。私の見方は「医師とAIは共に考える主体になる」というものです。これが次世代の医療の姿だと思うのです。

 医師の仕事の中には、知的作業というよりは単純労働の要素が強いものが少なくありません。健診の膨大な画像データをひたすら読影する作業などは、その一つでしょう。今後は、AIがそうした仕事を医師に代わってこなしてくれる。その分、医師は患者と向き合うという本来の仕事に、より多くの時間を割けるようになるはずです。

 結果として、医師は自らの能力をよりシビアに問われることにもなるでしょう。その医療機関が提供できるAIのレベルによって、そこで働く医師のレベルが評価される。そんな時代も来るかもしれません。