PR

ヘッドマウントディスプレー(HMD)と体感ゲーム機のようなメカ機構を組み合わせた装置で、VR(バーチャルリアリティー)を楽しむ「ロケーションVR」のサービスが本格化している。中でも積極的なのが、バンダイナムコエンターテインメントだ。同社は、ロケーションVRの施設「VR ZONE SHINJUKU」を東京・新宿に開設し、2017年7月から運営を始めた。同施設の責任者である小山順一朗氏に、施設開設の狙いやVR事業の展望などについて話を聞いた。そのインタビューを4回に渡り、お届けする。第1回目の今回は、VRのキラーコンテンツを中心に語ってもらった。(聞き手=根津 禎)

VR ZONE SHINJUKU
VR ZONE SHINJUKU
[画像のクリックで拡大表示]