PR

 電気・電子系技術者が備えている実力を客観的に把握するために開発された試験「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」(過去のサンプル問題や出題範囲などE検定の詳細はこちら、E検定の申し込みはこちら)。E検定で出題される問題例を紹介する本連載の問65は「半導体」の分野から、集積回路のバーンイン工程について問う問題である。

【問題を解く意義/理由/効能】
集積回路のバーンイン工程を知ることにより、バーンイン工程が集積回路の信頼性向上のための重要な手段であることを理解することができるようになる。

【レベル】基本的な用語と概念の理解(レベル1)

【正答率】79.4%


【問65】

 集積回路の最終工程にバーンインがある。これは高温環境下で動作させるものだが、その主要な目的として最もふさわしいものはどれか。

  •  良品の寿命を延ばすため。
  •  より高温動作の確認を行うため。
  •  初期不良品を取り除くため。
  •  より高速の動作をさせるため。