PR

 電気・電子系技術者が現状で備えている実力を把握するために開発された試験「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」(過去のサンプル問題や出題範囲などE検定の詳細はこちら、E検定の申し込みはこちら)。E検定で出題される問題例を紹介する本連載の問30は「電磁気」の分野から、フレミングの左手の法則の問題である。フレミングの左手の法則を知ることにより、磁界、電流、力の方向を知ることができる。この問題は「基本的な用語と概念の理解」であるレベル1、正答率は68.4%である(E検定試験の効果と学習方法(PDF形式)はこちら)。


【問30】
磁界の中に電流の流れる導線を置くと、導線に力が働く。これを左手で表すのをフレミングの左手の法則と呼ぶ。フレミングの左手の法則はどれか。