《日経Robo》レンズ不要の日立の極薄カメラ技術、ロボットの外装や指などに“貼れる”

図4 レンズレス技術での像の復元の流れ 同心円パターンの開口により光線情報を符号化して撮影した後、画像処理で別の同心円パターンを重畳し、あえて干渉縞(図では縦方向の縞)を発生させる。その後、同心円パターンは除去し、干渉縞のみをFFTで周波数変換することで、レンズなしで撮影した被写体の像を復元する。(写真:日立製作所)
図4 レンズレス技術での像の復元の流れ
同心円パターンの開口により光線情報を符号化して撮影した後、画像処理で別の同心円パターンを重畳し、あえて干渉縞(図では縦方向の縞)を発生させる。その後、同心円パターンは除去し、干渉縞のみをFFTで周波数変換することで、レンズなしで撮影した被写体の像を復元する。(写真:日立製作所)

カーソルキー(←/→)でも操作できます