PR

2017年11月29日~12月2日に東京で開催された「2017国際ロボット展」。トヨタ自動車のブースの前には黒山の人だかりが出来ていた。同社が開発し、初披露した遠隔操作(マスタスレーブ)型の人型ロボット「T-HR3」の実演を一目見ようと多くの来場者が押しかけた。ヘッドマウンドディスプレイ(HMD)を装着した操作者がロボット頭部のステレオカメラからの立体映像を見ながら、机の上のペットボトルを把持したり、ボールを弾ませたりなどの作業を実施して見せた(図1)。

この記事は日経Robotics購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)