PR

 ソニーが2018年1月に発売した犬型ロボット「aibo」。内部に500本以上のオープンソースソフト(OSS)が搭載されていることや、顔認識のためのディープラーニングの仕組みなどについては本誌の前号の記事1)で紹介した。後編となる今回の記事では、aiboのソフト・IT面を構成する最後の要素として、クラウド基盤を取り上げる。

この記事は日経Robotics購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)