PR
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 移動ロボットの基幹部品ともいえるLIDARの開発が活況を呈している。パイオニアと日本信号がそれぞれ、3次元(3D)LIDARの小型品を2015年9〜10月に相次いで発表した(図12)。コニカミノルタも2015年1月に独自開発品を発表、北陽電機も試作品の発売を開始するなど、ここにきて3D LIDARの市場に参入する企業が増えてきている。

 これまでロボットの研究開発用途では、距離計測のためのレーザ光を水平面内でスキャンする2次元LIDARの利用が主体だった。しかし、災害対応やサービス業などの現場でロボットが複雑なタスクをこなすには、水平面内の情報のみが得られる2D LIDARでは不十分。周囲の環境を3次元的に把握できる3D LIDARが欠かせない。