PR
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 米Intel社がロボットやドローン向けの製品ラインアップを拡充している(表1)。2016年8月に開催した「IDF16 San Francisco」では、距離画像センサ「RealSense」の新モデルや、同センサを内蔵した小型PCなどを発表した。

 Intel社は、距離画像センサのRealSenseをロボット/ドローン向け事業の切り札と位置付けている。Intel社 CEOのBrian Krzanich氏はIDF16 San Franciscoの基調講演で、「RealSenseを搭載することで、ロボットやドローンは周辺の環境を理解し、障害物などを自律的に回避できるようになる」と説明している。