PR
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 米General Electric(GE)社は現在、発電所で使用するガスタービンや蒸気タービン、航空機用のジェットエンジンなどのタービン内部の非破壊検査を実施し、問題があった場合、その場で修理ができる超小型ロボットを開発している。開発プロジェクト名は「In-situ Robotics project」。In-situとはラテン語で「現場」という意味。タービンが稼働する現場で、内部の検査と修理ができるロボットを2019年までに実用化する。

 ニューヨーク州ニスカユナにあるGE社Global Research CenterでIn-situ Robotics projectを指揮するSenior Principal ScientistのDon Lipkin氏と、ソフトウエア開発を担当するKori MacDonald氏(図1)への取材を基に、同プロジェクトを解説しよう。