PR
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 業務用の写真プリント機やその周辺装置の製造や販売を手掛けるNKワークスが、2015年10月に見守り支援機器「ネオスケア」を発表した(図1)。この見守り支援機器は赤外線による距離画像センサを利用して、ベッドで就寝中の被介護者がベッドから落ちたり、起き上がる際に転倒したりする前にその予兆を検知し、介護者に知らせるシステムだ。同社によると、「90%以上の検知率」という。