PR
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 米SRI(Stanford Research Institute) Internationalは、手術支援ロボット「da Vinci Surgical System」(以下、da Vinci)の生みの親として知られ、音声認識技術「Siri」なども開発した研究機関である。同機関にはRobotics Groupがあり、テレ・マニピュレータやソフト・エクソスケルトンなどを開発し、最近では2足歩行型ロボットを発表している(図1)。同グループExecutive DirectorのRich Mahoney氏にロボット分野での研究内容や企業との連携などについて聞いた。