PR

 2015年10月19日、韓国の産業通商資源部(「部」は日本の「省」に当たる)は韓国Samsung Electronics社の協力を得て、中小企業が製造現場で使える「次世代産業用ロボット」の開発を支援すると発表した。ここでいう次世代産業用ロボットとは、小型で精密な部品や機器の組み立て工程で使うロボットを指す。具体的には、韓国の中小ロボットメーカーに投資することで、次世代産業用ロボット関連技術の開発を後押しする。これによって同ロボット向け部品の大量生産を実現し、ロボット本体の価格を低減するのが狙いだ。

この記事は日経Robotics購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)