PR

第12回から前回まで、Bayes Filter系によるSLAMについて説明してきた。今回と次回は、Graph-Based SLAM系の手法について述べる。過去から現在までの移動に伴う全データを利用して全体最適化を行う、オフラインの手法である。

この記事は日経Robotics購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)