PR
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 今や、世界のどこの工場でも大概は自動化が検討されている。高騰する人件費を抑えるため、消費者からのニーズに応える安定した品質管理のためなど理由はさまざまだ。自動化の流れは日本だけでなく中国も含めて世界の潮流だ。とりわけ、小回りの効く小型のロボットアームは、新しい用途に向けて期待されている。