PR

 品質不良の巣(空洞)が発生しやすいダイカスト成形の自動車部品で、全数検査をやめて、実際の製造条件で良否を判定する─。そんな“離れ業”を実現したのは、アルミニウム合金ダイカスト成形を主力事業とするアーレスティである1)