神戸製鋼所の品質データ偽装、日産自動車やSUBARUにおける不適切な完成検査と相次いで発覚した不正問題は、日本の製造業に少なからず悪影響を与え、特に信頼性やブランド力の低下につながるという不安を生じさせている。データ偽装や不正検査が自社で発生する可能性を危惧する声も多い。データ偽装を防ぐ仕組みの導入状況は現時点では不十分で、規格/規定の整備や見直しに関する課題もありそうだ。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!