PR

各社のIoTプラットフォームにはそれぞれ特徴がある。多くの日本メーカーがネットワークのエッジ側に力を入れるのに対し、米国のIT企業はクラウドサービスの強みを前面に押し出す。前者は自社製のゲートウエーなどでエッジ側の処理を強化できることを売り物にする。後者はクラウドで提供する機能やその組み合わせで差異化を図る。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料