PR

高度化が求められる電気自動車(EV)時代の電源には、様々な新技術が投入されている。前回は車載充電器に用いられる絶縁型コンバーターの中でフルブリッジコンバーターに着目し、解説した。今回は連載の最終回として、先端的電源技術の事例と、注目に値すると思われるカレントダブラー方式のコンバーター回路について紹介する。(本誌)

 最新の電気自動車(EV:Electric Vehicle)やハイブリッド車(HEV:Hybrid Electric Vehicle)の電源技術として、日産自動車の「リーフ」およびトヨタ自動車の「プリウス」に搭載されている技術を解説する。さらに、太陽光発電や系統電力とEVを連携させる双方向充電給電システムについて、最後にカレントダブラー方式のコンバーター回路について紹介する。