PR

近い将来、人間が考えるよりもよりよい設計がコンピューターによって可能になったり、3Dプリンティングによってこれまでにない製品が生み出されたりする、と考える回答者が軒並み60%を超えた。「近い将来に設計が大きく変わる」と現実感を持って受け止める技術者が増えているようだ。囲碁の名人に人工知能(AI)が勝つなど、社会的にコンピューターの進歩を印象付けるニュースなども影響しているかもしれない。

Q1 人が頭で考えるよりもよい設計案をコンピューターが生み出すようになる可能性があると思うか

[画像のクリックで拡大表示]

「近い将来にそうなると思う」「遠い将来にはそうなると思う」の合計が66.5%と、回答者の約3分の2を占めた。しかも、この2つでは「近い将来にそうなると思う」の方が多い。回答者がかなりの現実感を持って受け止めていることが分かる。