PR
写真提供:富士重工業
写真提供:富士重工業
[画像のクリックで拡大表示]

北米市場の好景気を背景に、業界最高レベルの営業利益を出した富士重工業。2016年秋に実用化する、新開発プラットフォーム「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」でさらなる高みを目指す。ただ、2020年以降の課題も見えてきた。コア技術の水平対向エンジンや予防・衝突安全技術を生かしながら、新たな手を打つことが求められている。