PR
[画像のクリックで拡大表示]

ウエアラブル・デバイスがものづくりの現場に広く普及しようとしている。ハンズフリーで情報を操作・発信できるという利便性が、現場で大きな効果を発揮するからだ。消費者向けでいったん頓挫した「Google Glass」が業務用で復活を遂げつつあるのもその証左といえる。ウエアラブルで現場がどう変わるか。まずは、ウエアラブル活用で業界の先頭を行くパナソニックの工場内部をのぞいてみよう。そこには意外な「ご利益」が存在することが判明した。