PR

自社だけでなく、外部の企業や研究機関などと連携することが製造業の競争力を高めるためには不可欠になっている。外部の力をうまく活用し、自社が所有している技術力だけでは超えられない壁を突破するためだ。一方、外部との連携によって自社の技術やノウハウが漏えいするリスクも課題として認識されており、連携による効果を大きくするためにはその解決が求められている。

Q1 外部と連携することは重要か

[画像のクリックで拡大表示]

製造業の競争力を高めるために、自社以外の企業や研究機関などの外部と連携することが重要だと思うかを聞いた。「かなり重要だと思う」が60.2%を占めた上に、「少しは重要だと思う」の27.6%を加えると9割近くが外部との連携を重要だと思っている。逆に、「全く重要だとは思わない」と「あまり重要だとは思わない」とした回答は0だった。外部との連携が製造業の競争力向上につながるという認識が強い。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い