PR

欧州勢が一斉に電気自動車(EV)重視を打ち出す中、トヨタ自動車は現実路線を突き進む。先代の反省を糧に開発した新型「プリウスPHV」は、EV走行性能の向上に力を入れた。三菱自動車とホンダのプラグインハイブリッド車(PHEV)は、EV走行距離で100kmを目指している。“EV派”の日産自動車は、「リーフ」に比べて1/20と小容量の電池に電動車両の将来を託す。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料