PR

 今回取り上げた5つのテーマは、順に「グローバル化」「次世代工場」「デジタル人材」「マス・カスタマイゼーション」「軽量化材料」である。生産拠点のグローバル化が一段落した国内製造業にとって、2016年の最大の焦点は研究開発体制のグローバル化に移る。「次世代工場」では、人とロボットの協働を目指すのか、完全自動化を模索するのか、2016年はメーカーによって戦略が大きく分かれそうだ。

 人材育成については、IoT時代を迎えるに当たってものづくりとITの双方の知見を備えた、いわゆる「デジタル人材」をどれだけ育成できるかが、将来の製造業の競争力を大きく左右する。2016年はその礎を築く年となるだろう。

 続いて取り上げた「マス・カスタマイゼーション」と「軽量化材料」は、2016年に大きく市場規模が成長することが確実な2大技術分野である。前者のマス・カスタマイゼーションは、「インダストリー4.0」をはじめとするスマートものづくりの根幹を成すコンセプトで、顧客の要望に合わせたカスタマイズ品を大量生産品と同等の効率やコストで造ることを目指した考え方だ。「軽量化材料」は、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)などの次世代エコカーを実現する上で必須となる材料。加えて、国産ジェット旅客機「MRJ」の初飛行で勢いづく航空機産業や鉄道産業などでも採用が急ピッチで広がる見込みだ。以降では、これら5つのテーマごとに本特集の論点(対立構図)を示す。

[画像のクリックで拡大表示]