自動車工場や化学プラントなどから排出されるCO2からエネルギー源となる炭化水素を生成する。そんな「人工光合成」システムが、クルマ向けでも2030年ごろに実用化される見込みだ。人工光合成はその名の通り、水(H2O)とCO2、そして太陽光から有機物を生成する植物の光合成を模倣したものである。太陽光のエネルギーを使って水を分解し、プロトン(H)と電子(e)を発生させる酸化反応を起こす。そのプロトンと電子でCO2を還元して炭化水素を作る。例えば、エタノールを生成すれば自動車の燃料としても利用できる。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い