PR

ガソリンエンジンの燃焼エネルギーのうち6~7割は、エンジンの排気やラジエーターの排熱といった形で捨てられている。このエネルギーの損失を低減する方法の一つとして検討されているのが「ゼーベック効果」を利用して発電する熱電変換素子だ。複数の素子を直列につないだ高さ1cm前後、縦横数cmの大きさのモジュールで、数Wの発電が可能だ。単位面積当たりの発電量が大きく、排熱回収器と一体化するなどの活用が見込まれている。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)