PR

ドイツAudi社が2016年8月にミュンヘンで実施した「TechDay Connectivity」で明らかになったのは、通信やクラウドサービス、VR(仮想現実)といったデジタル技術でクルマを革新しようとする意気込みだ。同社の目指すデジタル革新を追う。

写真提供:Audi社
写真提供:Audi社
[画像のクリックで拡大表示]

 Audi社Head of R&DのAndreas Reich氏は、「今後クルマの革新の90%はエレクトロニクスで起こる」とし、「これまで車内だけの顧客体験であったものが、将来はクラウドやデータサービスと連携して、パーソナライズされた体験に進化する」と語る。クルマはIoT(Internet of Things)の一部になって、高品質のデータをクラウドに提供していくという。この未来を見据えて開催されたTechDayでは、デジタル技術が報道陣向けに多数紹介された。