PR

 足回りも基本はウェイクと同じで、前輪がストラット式、後輪にトーションビーム式(4輪駆動車は3リンク式)のサスペンションを採用しているが、コイルスプリングのばね定数やショックアブソーバーの減衰特性を最適化して商用車に求められる耐久性を確保した。「人より重い荷物を載せることがあるので少し硬めの設定にした」(同社)という。

 予防安全システムも、ウェイクと同じ「スマートアシストⅡ」を採用した(図3)。上位グレードの「SA Ⅱ」に標準装備する。同システムはレーザーレーダーに単眼カメラと超音波センサーを組み合わせたもので、衝突回避ブレーキ(対車両)や衝突警報(対車両、対歩行者)、車線逸脱警報、誤発進抑制制御、先行者発進通知の機能を備える。カメラや超音波センサーを使用する予防安全システムの採用は、軽商用車では業界初という。

図3 予防安全システムを採用
図3 予防安全システムを採用
商用車に安全性を求める顧客が多いことも分かったため、上位グレードでは単眼カメラと超音波センサー、レーザーレーダーによる予防安全システム「スマートアシストⅡ」を標準装備とした。
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、キャディーの価格(税込み)は118万8000~154万4400円。スマートアシストⅡを備えるグレードは非装備のグレードよりも6万4800円高いが、商用車にも安全機能を求める顧客が多いことから、3割程度の装着を見込んでいるという。