PR

 ダイハツ工業は2015年9月、新型軽自動車「キャスト」を発売した。個性を重視する顧客のニーズに応えるために、タイプが異なる3車種を用意した。同社の基幹車種である「ムーヴ」をベースに開発した車両だが、同車だけでなく、スポーツカー「コペン」などに搭載した技術も活用した。

 キャストの3タイプは、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)タイプの「キャスト アクティバ」とメッキ加飾などで上級感を出した「同スタイル」、走行性能を重視した「同スポーツ」である(図1)。FF(前輪駆動)車と4WD(4輪駆動)車が選べる。

図1 デザインが異なる3タイプの「キャスト」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 デザインが異なる3タイプの「キャスト」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 デザインが異なる3タイプの「キャスト」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 デザインが異なる3タイプの「キャスト」
新型「ムーヴ」をベースに開発した車両で、SUVタイプの「アクティバ」(a)、上級感を高めた「スタイル」(b)、走行性能を重視した「スポーツ」(c)を用意した。