PR

 フォルクスワーゲングループジャパンは、「ゴルフ GTE」を2015年9月8日に日本で発売した(図1)。同車は、Volkswagenブランド初となるPHEV(プラグインハイブリッド車)。満充電1回当たりの航続距離を53.1km(JC08モード)とし、買い物や通勤などではEV(電気自動車)として使える。その一方で、スポーツモデル「ゴルフ GTI」に近い加速性能と最大トルクを実現している。

図1 「ゴルフ GTE」
図1 「ゴルフ GTE」
ドイツVolkswagen社初のPHEV(プラグインハイブリッド車)。満充電1回当たりの航続距離は53.1km(JC08モード)。
[画像のクリックで拡大表示]

 パワフルでスポーティーな走りも強く意識したPHEV。ゴルフ GTEは、一言で表現するとそんなクルマだ。GTは「Grand Touring」の略。EはPHEVがEVに近い電動車両であることを意味する。電動車両でありながら走りを意識したクルマ、そうした思いがこの名に込められている。