PR

エンジンにPHEVならではの改良

図4 モーターや遮断クラッチと一体化したDSG
図4 モーターや遮断クラッチと一体化したDSG
DSGのハウジングにモーター(冷却ジャケット、ステーター、ローター)と遮断クラッチを組み込んでいる。遮断クラッチとDSGの二つのクラッチはこの図では見えない。
[画像のクリックで拡大表示]

 ゴルフ GTEでは、PHEVとしてのシステムを実現するために、モーターと遮断クラッチを一体化したデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)「DSG」を新たに開発している(図4)。遮断クラッチは、エンジンを動力伝達系から切り離したり接続したりするために使う。モーターは走行の動力供給に加え、バッテリー充電時のオルタネーターやエンジン始動時のスターターモーターとしても機能する。既存のエンジン車向けの6速DSGをベースに、そのハウジングにモーターと遮断クラッチを組み込んだ。

図5 排気量1.4Lの直列4気筒直噴ターボエンジン「TSIエンジン」
図5 排気量1.4Lの直列4気筒直噴ターボエンジン「TSIエンジン」
同社の中型セダン「パサート」に搭載したTSIエンジンにPHEVならではの改良を施して搭載した。
[画像のクリックで拡大表示]

 エンジンも改良した(図5)。ベースとしたのは中型セダン「パサート」に採用したTSIエンジン。エンジンを長期間使用しないことを想定して、油切れを防止したり耐摩耗性を高めたりするための改良を施した。こうした改良が必要なのは、エンジンを長期間始動しないとエンジン内部の摺動部の油膜が薄くなってしまうためという。

 具体的には、ピストンピンにオイル潤滑用の溝を設けたり、ピストンリングやオイルリングに特殊なハードコーティングを施したり、クランク軸を支持する主軸受(メインベアリング)やコンロッドの軸受にポリマーコーティングを施したりしている。

 ゴルフ GTEの車両寸法は、全長4265×全幅1800×全高1480mmで、ホイールベースは2635mm。車両質量は1580kg。EV走行時の最高速度は130km/h(欧州測定値)。搭載する電池パックはリチウムイオン電池で、容量は8.7kWh。家庭用の200V電源を使うと、約3時間で満充電にできる。コストを抑えるため、急速充電仕様の「CHAdeMO」には対応していない。価格は499万円(税込み)。最大で38万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費が適用される。