PR

 ドイツBMW社は2015年11月に、新型「MINIクラブマン」を日本で発売した(図1)。2007年以来8年ぶりの全面改良となる。MINIシリーズで初のCセグメントの車両にして車内空間を広げた他、エンジンを刷新して走行性能を高めた。

図1 新型「MINIクラブマン」
図1 新型「MINIクラブマン」
従来モデルよりひと回り大きいセグメントを採用した他、走行性能の向上と内装の充実を図った。
[画像のクリックで拡大表示]
表 MINIシリーズの主要諸元
表 MINIシリーズの主要諸元
[画像のクリックで拡大表示]

 先代モデルはBセグメントのプラットフォームを採用し、同社の「コンパクトカー」としての印象が強い。新型モデルではひと回り大きいCセグメントの車両とすることで、広い車内空間を実現した。先代モデルに比べて全長が290mm、全幅が115mm、全高が30mm、ホイールベースが125mm大きい。特に後席の足元スペースに余裕が生まれ、快適性が向上した(表)。

 荷室容量も100L増えて360Lとなった。さらに、後席に3分割できる可倒式シートを採用。中央の背もたれを倒せば、スノーボードなどの長い荷物も4人乗りの状態で載せられる。

 新型モデルはBMW2シリーズのプラットフォームをベースに開発した。採用した新プラットフォームは今後、他のシリーズにも展開していく予定だという。

 パワートレーンも刷新し、排気量1.5Lの直列3気筒ターボエンジンを搭載する車種と、同2.0Lの直列4気筒ターボエンジンを搭載する車種を用意した。1.5Lエンジンは「アクティブツアラー」や「MINI 5ドア」などに搭載するエンジンと同じものだ。