PR

【日本市場】1~5位は前月と同じ、「フィット」「N-WGN」が上昇、小型乗用車と軽4輪乗用車は10%以上のマイナス

ホンダ「フィット」
ホンダ「フィット」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2016年2月の新車販売台数ランキング。乗用車と軽自動車を合わせたランキングで、トップ5までが前月と同じ。6位になったホンダ「フィット」は前月から4ランクアップした。ホンダ「N-WGN」も8ランク上がってトップ10内に入った。軽自動車ランキングでは5位になっている。

 2015年9月に発売したダイハツ「キャスト」は販売台数を戻し、11位まで上がった。12位のトヨタ「シエンタ」は前月の6位からのダウン。

 乗用車の販売台数は23万9409台、前年同月比4.1%減だった。普通乗用車は同5.5%増だが、小型乗用車が同13.6%減となり、落ち込みが大きい。軽自動車は17万6163台、同9.1%減。そのうち軽4輪乗用車は14万2705台、同12.8%減となり、14カ月連続のマイナスとなった。

2016年2月の日本車名別ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
2016年2月の日本車名別ランキング
[画像のクリックで拡大表示]