PR

【米国市場】前年同月比3割増で「RAV4」が3位に食い込む、日本メーカーが旧ビッグ3のシェアを抜く

Subaru「Outback」
Subaru「Outback」
[画像のクリックで拡大表示]

 米国市場の2017年7月の新車販売台数ランキング。1~2位は前月と同じ米Ford Motor社「Fシリーズ」と米GM社「Silverado」。これまでトップ3を維持していた米FCA社「Ram Pickup」を抑えてトヨタ自動車「RAV4」が3位に上がった。RAV4はDSR(1日当たり販売台数)の前年同月比が36.3%増となり、トップ20で最も伸び率が大きかった。

 前月20位のトヨタ「Tacoma」が21位にランクダウンした代わりに、同24.3%増のSubaru「Outback」がランクイン。

 市場全体の販売台数は約140万台、DSRの前年同月比は3.3%減となった。全体では前月より下げ幅が広がったが、日本メーカー6社はそろってプラスとなった。その結果、日本メーカーのシェアは42.1%となり、旧ビッグ3の米国メーカー合計(41.4%)を抜いた。販売数最多のGM社が12%減となっている。

2017年7月の米国車名別販売ランキング
(各社の公表値による)
2017年7月の米国車名別販売ランキング
[画像のクリックで拡大表示]