PR

【中国市場】上海大衆汽車「朗逸」が3カ月連続トップ、日系ブランドがシェア拡大、民族系の縮小分を取り込む

上海大衆汽車「朗逸」
上海大衆汽車「朗逸」
[画像のクリックで拡大表示]

 IHS Automotive(Polkデータ)による2016年5月の中国新車販売ランキング。1~3位は前月と変わらず、上海大衆汽車「朗逸(Lavida)」が3カ月連続でトップになった。トップ10で大きな順位変動はない。

 トップ20で前年同月比マイナスとなったのは、11位の上汽通用五菱汽車「宝駿 730」、13位の上海大衆汽車「途観(Tiguan)」、19位の北京現代汽車「朗動(Elantra Langdong)」の3モデルのみ。朗動は前月より4ランク下がっている。

 中国汽車工業協会の発表によると市場全体の販売台数は、約209万台で前年同月比9.8%増となり3カ月連続でプラスとなった。民族系ブランドのシェアは2月より6.3ポイント縮小し、40.2%となった。その縮小分を取り込んだのは日系ブランドで、2月から6ポイント拡大して17.7%となった。

2016年5月の中国車名別販売ランキング
IHS Automotive(Polkデータ)調べ
2016年5月の中国車名別販売ランキング
[画像のクリックで拡大表示]