PR

【日本市場】「アクア」「N-BOX」は3位以下に大差、「フィット」「プリウス」「ハスラー」は順位を下げる

日産自動車「デイズ」
日産自動車「デイズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2015年11月の新車販売台数ランキング。乗用車と軽自動車を合わせたランキングで、トヨタ自動車「アクア」が8カ月連続で首位、ホンダ「N-BOX」が2位で前月と同じ。アクアとN-BOXは、3位のダイハツ「タント」にそれぞれ4000台、3000台以上の大差をつけている。

 4位は10月22日に一部改良した日産自動車「デイズ」で、前月より2ランク上がった。9月9日に発売したダイハツ「キャスト」は、10月29日にスポーティーなデザインの「キャストスポーツ」を追加し、2ランク上がって6位となった。ダイハツ「ムーヴ」が5ランク上昇で9位。これにより、3カ月ぶりにトップ10中6車種が軽自動車となった。

 トップ20で大きく順位を落としたのはホンダ「フィット」、トヨタ「プリウス」、スズキ「ハスラー」で、それぞれ7ランク、6ランク、8ランクのダウンとなった。

2015年11月の日本車名別ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
2015年11月の日本車名別ランキング
[画像のクリックで拡大表示]