PR
写真提供:ホンダ
写真提供:ホンダ

1人の作業者がさまざまな部品の組み付け作業に従事するセル生産。だが、ホンダがタイのプラチンブリ工場の完成車組立ラインに適用したセル生産は通常とは違っていた。同社が導入したセル生産とはどんなものか、その正体に迫る。

 「作業時間が約10%減った」「現場の作業者のやる気が増した」「従来のベルトコンベヤーを使ったラインよりコストが安い」――これらは、ホンダが新たに開発した新発想の革新ライン「ARC(Assembly Revolution Cell)ライン」の効果だ。同社は、タイのプラチンブリ工場を2016年3月に稼働開始。その完成車組立工程の一部に同ラインを適用した(図1)。既に同ラインは現場の作業者らの憧れの的になっており、同ラインで働きたいという作業者は多いという。

図1 ホンダが量産完成車組立用に新開発した革新ライン「ARCライン」を導入したタイのプラチンブリ工場
図1 ホンダが量産完成車組立用に新開発した革新ライン「ARCライン」を導入したタイのプラチンブリ工場
同工場は2016年3月に稼働開始した。
[画像のクリックで拡大表示]